諦めてThunderbirdに移行する。(その2)

Thunderbird

 この土日で、私がメインのWindowsマシンで使用するメールソフトを、「Becky! Internet Mail」から「Thunderbird」に切り替えました。

 Becky!も悪くはなかったのですが、こんなことならもっと早くThunderbirdを入れておけば良かったと思っています。

 とりあえず、土曜日の「Becky!で草稿が消えない問題(その2):諦めてThunderbirdに移行する。」の時点で「Todo:」にしていた4項目のうち、次の二つについては手を打ちました。

  • フィルタ設定
  • 受信メール等のデータのバックアップ

 なお、データバックアップについては、次の記事を参考に致しました。

関連記事
Thunderbird のデータをバックアップ・復元する方法Synclogue Navi

 残る二つのうちの、「今回移行を見送ったアカウントの移行」につきましては、既に契約が終了しているメールボックスのアカウントをそもそも設定することなどできないため、メールの内容を参照できればいいと割り切り、「ローカルフォルダー」の中にフォルダーを一つ作成し、その配下にBecky!から取り出した送信箱および受信箱の内容をすべてインポートしました。

 残る「送信ボックスの移行」については、いまだにできていません。ただ、「今回移行を見送ったアカウントの移行」同様、各アカウントの中に独立したフォルダを作成し、その中にBecky!の各アカウントからエクスポートした送信箱の情報をインポートしようかと思っています。

 ついでに、これまで、一部のアカウントでは受信メールの取得をPOP3経由でおこなっていましたが、これをIMAP経由にするようにしました。これにより、メールの使い勝手が若干向上します。

 繰り返しになりますが、こんなことならもっと早くThunderbirdを入れておけば良かったと思っています。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はPC, Windowsに投稿されました タグ: , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes