【Twitter】【政治】原口よくぞ怒った! 野党共闘盤石なれ!

先ほど、Twitterを眺めていたところ、とあるテレビ番組の話について述べられていたのですが、どうも番組側の姿勢にかなりの問題があったようです。

国民民主党の原口氏が、番組側のパネルに書かれた、国民民主党は消費税増税容認、原発再稼働容認という内容に猛反発したとのこと。

多くの方が、原口氏が怒ったことに賛意を示しています。私は番組を見ていませんが、やはり原口氏のこの姿勢は取ってしかるべき態度だったと思います。

もし原口氏が黙っていたとすれば、国民民主党は所詮与党の補完勢力ということを認めてしまうことになります。実際に去年の国会でのあの政党の動きは、そう言われてもやむを得ないものでしたし。

しかしここで原口氏が反論し、他の野党の方々もそれに同調したということは、国民民主党も他の野党と共闘するという意思の表れだと思います。少なくとも野党共闘路線はマスコミが望むほど脆弱ではないということもわかりましたし。

今後も、マスコミや与党補完勢力による野党共闘脆弱論は展開されてゆくでしょうが、野党各党はそれにめげることなく、キチンと国民を向いて仕事をする姿勢を貫いて欲しいと思います。それがあってこそ、野党と市民の共闘も、より強固になってゆくわけですから…。

野党共闘よ、盤石なれ!

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, Twitter, 政治に投稿されました タグ: , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes