【お買い物】ソニーのフルワイヤレスイヤホン「WF-1000X」、セカンド・インプレッション

 昨日、「池袋・秋葉原散財ツアー・2019/01/02」という記事の中で、「ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル シャンパンゴールド WF-1000X N」を購入した旨を申し上げました。

 そのときに、第一印象については述べておりますが、今回は、昨日外出時などに使ったときの感想について述べてみようと思います。なお、私は「iPhone Ms Max」とペアリングして、音楽鑑賞、通話兼用で用いております。

  • 相変わらず音が途切れやすいと思ったら、iOSの「Sony Headphones Connect」アプリでOFFにしたはずの外音コントロールがONに切り替わっていた模様。
  • 通話時、左側からしか音声が聞こえなかった。これは仕様なのか?
  • 音質はやはり今ひとつだが、低音はある程度強調されているように思える。
  • 長時間の連続音声再生には向かない。公称スペックでは、ノイズキャンセリングがON、OFFのいずれの場合でも3時間程度らしいが、そこまで持たなかった。ただし、収納ケースそのものにチャージ機能があるため、使い方次第ではさほど問題にならないだろう。

 どうも、同社の「ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2 N」と比べると、物理的にどうしようもないところも含め、いくつも不満点が出てきてしまいますが、それでも使い方次第では有用だと思いますので、今後も愛用を続けたいと思います。そもそも、「WH-1000XM2」だと、仕事場に持ち込むカバンの中に入れるとかさばってしまいますからね…。

WF-1000X (その1) WF-1000X (その2)

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はiPhone, お買い物, 雑貨に投稿されました タグ: , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes