【政治】【時事】辺野古埋め立てストップ請願、ホワイトハウスに出しました。

 先日、Twitterにて、「未来のための公共」という団体から、沖縄・辺野古の海を米軍基地のために埋め立てないようにという請願への協力願いが出されました。

 個人的には、実は「未来のための公共」という団体に対しては、必ずしもいい印象を抱いているわけではありません。前身の「SEALDs」がサイト内で改憲賛成を堂々と掲げていたこともあり、リベラル派としてはいささか不安視せざるを得ません。

 とはいえ、今回のこの団体の訴え自体は至極まっとうだと思いますし、この訴えがなかったら自分はホワイトハウスに請願するという方法すら思いつかなかったことでしょうから、今回はありがたく彼らの訴えに乗っかろうと思います。

 請願事態はすぐに終わります。ホワイトハウスがこの請願をどう受け止めるのかはわかりませんが、日本政府が決して受け入れようとしない沖縄(ひいては日本国民)の民意を、米軍を抱えるアメリカに訴えることは、無駄ではないと思います。

 この沖縄問題、沖縄と縁もゆかりもない自分にとっても決して他人事ではないのです。自分の住む街の近くに米軍基地があったらどうかと思うとぞっとしてきます。沖縄でなくても、東京の上空の飛行機航行経路を見ればわかるように、そもそも日本は今でも実質的にアメリカの占領下にあるわけですからね。

 圧倒的民意を、ホワイトハウスに見せつけましょう。

公式署名ページ
Stop the landfill of Henoko / Oura Bay until a referendum can be held in OkinawaPetition the White House on the Issues that Matter to You
日本語による趣旨説明
【嘆願署名】ホワイトハウスへ「 #県民投票 がなされるまで #辺野古 #大浦湾 埋め立て作業の停止を」 (日英併記) #辺野古嘆願署名戦いのノート

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はTwitter, 政治, 時事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes