エスカレーターで歩くなという意見に「待った」!

 昨日、「NHK NEWS WEB」で、下記の記事が掲載されました。

参考記事
「エスカレーターは歩かずに」足形などデザインで訴えNHK NEWS WEB

 言いたいことはわからなくもないのですが、個人的には全く賛同できません。

新5番線ホームに向かうエスカレーター

新潟駅新5番線ホームに向かうエスカレーター
(本文の内容とはほとんど関係ありませんが、手持ちのエスカレーターの画像がこれぐらいしかなかったので)

 私は、毎朝通勤で駅を利用するときにエスカレーターや動く歩道を使うことが多いのですが、駅構内の流れの悪さにほぼ毎日イライラさせられています。

 急いでいる人のためにエスカレーターの片側を空けることが間違ったことのように書かれていますが、急いでいる人に階段を歩かせる方がかえって全体の流れは悪くなるのではというのが、少なくとも自分が見た上での実感です。急いでいる人がゆっくり歩く人間をかき分けるように歩く光景、毎日のように見ますし、自分自身もすることがあります。

 それに、立ち止まりたい人は立ち止まっている列(大抵左側)に寄ればいいと思うのですが、それではダメなのでしょうか? 立ち止まりたい人のために両側を塞ぐ方が、かえって流れが悪くなると思いますし、そもそも急いでいる人にとってはより一層の不便を強いることにもなります。

 特に東京駅の京葉線コンコースなど、ゆっくり歩く人間が横に広がり、急いでいる人がブロックされる光景が、日常的に発生しています。ひどいケースでは意図的に進路妨害をする輩すらいます。

 そのようなことをさせないためにも、むしろ「エスカレーターや動く歩道では右側を空ける」ということの重要性を、もっと認識して欲しいと思います。むしろ、障害を抱えている方やご年配の方には、エレベーターの利用を勧めるべきだと思いますし 1)それはそれで単に楽したいだけの人間が占拠するので別の対策も必要にはなるが 、あるいはエスカレーターの左側を優先ゾーンにするなどして、導線を止めずに、急いでいる人と立ち止まりたい人の双方がハッピーになれるようにすべきだと思うのです。

 もしどうしても立ち止まって欲しいなら、高速移動をするエスカレーターを作るべき、とも思ったのですが、これだと障害を抱えている人にとってはかえって使いづらくなるので、没ですね…。それに、東京などでひっきりなしに人が集まってくるような所だと、逆効果にもなりかねませんしね。

 商業施設ならまだしも、公共交通機関の場合は、急いでいる人の流れを止めることでかえって全体に悪影響を及ぼすということも、考慮されてしかるべきかと。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1. それはそれで単に楽したいだけの人間が占拠するので別の対策も必要にはなるが
この記事は交通, 時事, 雑談に投稿されました タグ: , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes