そういえば今日は「RPGツクールMV Trinity」の発売日だった

…ということを完全に失念していました。

PC(WindowsおよびMac)用の大人気ゲームコンストラクションツール「RPGツクールMV」を家庭用(Nintendo Switch、PlayStation 4 、Xbox One)に移植したツール「RPGツクールMV Trinity」が遂に発売されました。

私は事前にNintendo Switch版を予約しており、自宅マンションの宅配ボックスに配達されたとの通知を販売店より受けましたが、実は私、これを予約していたということを完全に失念していました。

RPGツクールMV」の家庭用ゲーム機版とのことで、大いに期待していたのですが、情報が公開されるにつれて、自分のしたいことが出来ないということが次々と判明してきました。特に、Switch版で公開したゲームをPS4で遊ぶことやその逆が出来ないことは致命的。

そのため、私はすっかりこのツールに対する興味が薄れてしまいました。

折しも、私はPC版「RPGツクールMV」で、一昨年公開した拙作ゲーム処女作「The Last Wizard」の完全版の制作に着手したため、当初はそれより前に、「RPGツクールMV Trinity」向けに移植することを前提に制作するはずだった短編ものの計画も凍結させました。それにより、「RPGツクールMV Trinity」に対する興味はますます薄れてゆきました。

恐らく私は、少なくとも、現在制作中の「The Last Wizard Complete Edition」が完成するまでは(来年5月を予定)、「RPGツクールMV Trinity」を使うことはないと思います。それまでに、現時点では実現できないことの幾つかは実現可能になって欲しいです。特にSwitch版とPS4版のマルチプラットフォーム対応については、必須ですね。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, Nintendo Switch, PlayStation, RPGツクール, ゲーム, 私的メモに投稿されました タグ: , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes