PCのデータバックアップ方法、変えるべきか?

どうも、このところ、自宅PCのデータドライブ(起動ドライブとは物理的に異なる)のバックアップが出来ていません。

今朝、気になって確認したら、なんと、もう八日間もまともにバックアップできていないのです。

私はこれまで、「HD革命/BackUp Next Ver.4」を用いて、起動ドライブおよびデータドライブのバックアップをおこなってきました。

ところが、どういうわけか時々挙動がおかしくなることがあります。

大抵は一時的なものなので放っておくのですが、今回は先述の通り八日間もバックアップに失敗しています。

なお、まだ原因の切り分けは出来ていません。増分バックアップの元のファイルに異常があるのか、それともバックアップ用のHDD側の問題なのか…。

ソフトフェアそのものの問題であるとはあまり考えていません。そもそも、自宅PCで適用しているバージョンは、現時点での最新アップデート版であるVer. 4.01を使用しています。

バックアップ用のHDD、相当断片化が進んでいますので、一度まっさらな状態にしたいと思うのですが、それまでに取得したバックアップを退避させなければなりません。それに、バックアップ用HDDそのものの容量も逼迫していますので、できればドライブそのものを換装したいと思っています。

あるいは、別にHDDを用意して、Pro版を持っていながらこれまで使ったことのなかった「バックアップ3WAY」の機能を使うという手もあります。これなら、もしデータドライブそのものを使えなくなっても、少ないダメージで復旧可能と思われます。

とはいえ、ゲーム制作趣味を再開させてしまった今、それが落ち着くまで(つまり早くても来年5月までは)、パソコンの蓋を開けるようなことはできればしたくありません。そのため、外付けHDDを新たに用意する必要に迫られそうです。

対策は早めにとりたいと思います。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, PC, Windowsに投稿されました タグ: , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes