【 #ツクールMV 】拙作ゲーム処女作リメイク版の制作、難航中(その1)

The Last Wizard Complete Edition

 実は表題の通り、今月より製作に着手している、「RPGツクールMV」製ゲーム「The Last Wizard Complete Edition」の制作作業が難航しております。

 何度か申し上げておりますとおり、今作は、一昨年に私が「RPGツクールMV」で最初に制作、公開した処女作品「The Last Wizard」の完全版という位置づけです。

 完全版と言いましても、オリジナル版「The Last Wizard」を完全に踏襲するわけではなく、現時点で自分ができる最高のものを作り上げるため、オリジナル版に大幅に手を加える予定です。

 オリジナル版からの変更を予定している項目につきましては、「【 #ツクールMV 】拙作ゲーム処女作リメイク版の制作に着手します。」でも述べておりますが、その中で、既に見直しを断念しなければならない箇所が出てきています。

 「システム」面で、「魔法体系の見直し」を検討しておりました。

 オリジナル版では、攻撃魔法について、初級、上級、そして強力な精霊魔法の3段階のレベルを用意しましたが、これを、世界観を共有する拙作ゲーム第3弾リメイク版「The Devil War MV」に会わせて、魔法のレベルを2段階にする代わりに熟練度システムにより魔法そのものが成長するように設定するつもりでした 1)というより、熟練度システムがうまく機能するかどうかを試すために「The Devil War MV」で魔法のレベルを減らしたと言うほうがより正確なのだが…

冷気系上級魔法の修行シーン

「The Last Wizard」オリジナル版に登場する、冷気系上級魔法の修行シーン

 ところが、オリジナル版「The Last Wizard」では、同じ系統の攻撃魔法であっても、初級、上級、そして精霊魔法の習得方法をすべて異なるものに設定していたということを、作者自身が忘れておりました。特に特定の上級魔法の習得については、「The Devil War MV」のエンディングで主人公とメインヒロインが言及しているため、今更その設定を覆すわけにもゆきません 2)それに、その特定の上級魔法の習得イベントは個人的にも気に入っていますしね(ぉぃ)

 そのため、攻撃魔法の数を減らすことはこのまま断念すると思います。

 また、オリジナル版では、アイテム使用によって実際にキャラクターに魔法を覚え込ませていましたが、元々魔法を使える登場人物そのものが限られているため、わざわざアイテムを使わせるという煩わしいことをする意味もあまりありません。そのため、魔法を覚えるためのアイテムを廃止し、同時に初級攻撃魔法の習得方法についても変更を検討することにします。

 詰めが甘かったと言えば甘かったのですが、今の段階で問題点が明確になったと言うことで、よしとしましょう。なんとかして、あと半年少々の間に、自分が本当に作り上げたかったゲームを完成させたいと思います。乞うご期待!

関連記事
【 #ツクールMV 】拙作ゲーム処女作リメイク版の制作に着手します。 ( その1 | その2 | その3 )

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1. というより、熟練度システムがうまく機能するかどうかを試すために「The Devil War MV」で魔法のレベルを減らしたと言うほうがより正確なのだが…
2. それに、その特定の上級魔法の習得イベントは個人的にも気に入っていますしね(ぉぃ)
この記事はRPGツクールに投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes