【 #ツクールMV 】拙作ゲーム処女作リメイク版の制作に着手します。(その3)

The Last Wizard Complete Edition

 予告通り、先週日曜日から、一昨年「RPGツクールMV」を用いて制作・公開した拙作ゲームの処女作「The Last Wizard」の完全版の制作に着手しました。

 しかし、最初のタスクである、マップ(フィールド、街、ダンジョン等)のコピーに思いのほか難航してしまい、それだけで1週間かかってしまいました。

 単なるコピーだけなら、プロジェクトごとコピーしてしまえばよいのですが、今回はマップの見た目の画質向上や、ゲームシステムそのものの変更も予定しているため、単純にプロジェクトコピーというわけにもゆきませんでした。 1)そもそもそれで済ませられるならはじめから「完全版を新たに作り直す」などという面倒なことはしませんでしたし(ぼそ)。

 なんとか、イベント絡みで使用するもの以外のマップデータについては、コピーと修正を終えました。

 今日からやっとイベント作成に着手できるのですが、これもコピーで済ませようと思いきや、やはり一筋縄ではゆきません。

 まず、「スイッチ」や「変数」周りについて、オリジナル版ではかなり使い方が下手くそでしたので、作中で一度しか使わないようなものについては、汎用的な変数に統合してしまおうと考えています。これでセーブデータの肥大化もある程度は防げると思います。ただ、この作業、難航する予感しかしません。

 また、キャラクターの台詞周りひとつ見ても、どう考えても不自然なものが散見されますしね。特に、16歳の少年(主人公)が、9歳も年上の女性を「ちゃん」付けで呼ぶところなど、普通に考えてもあり得ませんしね(ぉぃ)。また、主要キャラを含む一部登場自分つについては、キャラクターの設定を大幅に見直そうと思っています。

 さらに、世界観を共有する拙作ゲーム第3弾リメイク版「The Devil War MV」の設定も反映させるため 2)The Devil War MV」でゲーム前半に同行する魔術師は今作の主人公の父親という設定 、メインシナリオの内容にも若干修正が入ります。

 今回は、オリジナル版で没個性的と言われたキャラクターを立たせるため、特に主要キャラについては見せ場を大幅に追加しようと考えています。

 オリジナル版では、自分はあえて主人公を過度に自己主張させないようにしていたのですが、それが単に没個性的に映ってしまったのは失敗でした。その反省を踏まえて、拙作ゲーム第3弾リメイク版「The Devil War MV」の主人公は自分では多少五月蠅いくらいにしてみたつもりなのですが、いかがでしたでしょうか?

 また、主要キャラについては、それぞれ固有のテーマ曲を設定しようとも考えています。そのため、今日もまたフリー音楽素材サイトを漁っているという状況です。

 今のところ、「RPGツクールMV」の標準素材のほか、素材公開サイトのうち、はじめから「RPGツクールMV」で使用することを前提に素材を制作されている下記4カ所から音楽素材を探しております。

 こちらについては、まだ時間がありますし、時間が経過すればまた良さそうな音楽素材が追加される可能性もありますので、焦らずのんびり探したいと思います。

 まだゲーム画面をお見せできませんので、参考までに、拙作ゲーム第3弾リメイク版「The Devil War MV」のスクリーン・ショットをいくつか。今回も、おもにこのような感じの作りにしようと考えております。

「The Devil War MV」のスクリーン・ショット(その5) 「The Devil War MV」のスクリーン・ショット(その6)

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1. そもそもそれで済ませられるならはじめから「完全版を新たに作り直す」などという面倒なことはしませんでしたし(ぼそ)。
2. The Devil War MV」でゲーム前半に同行する魔術師は今作の主人公の父親という設定
この記事はRPGツクール, 音楽に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes