【備忘録】Twitterの開発者向けポリシー変更と私のブログサイトへの影響

 近々、Twitterの開発者向けポリシーが改訂されるようで、それにより、Twitterを利用しているウェブサービスの運営継続断念や、Twitterクライアントの開発継続断念などという話も出始めているようです。

 実は私は、自分自身がTwitterのAPIを用いて何か開発しているわけではありませんので、今回のポリシー改訂とやらに対しては全くと言っていいほど関心がなかったのですが、Mastodon上で、「Quesdonの一部サービスの運営が停止される」旨の告知を読んで、これは自分のサイトも無関係ではないと、今更ながらに思うようになりました。

 現時点で、私が運営するブログサイトにおきましては、TwitterのAPIを下記の用途に用いております。

  • ブログ投稿告知(デモ可視化プロジェクトにおけるイベント情報告知も含む)
  • 一部サイトにおけるユーザ登録およびログイン認証

 いずれも、使用停止に追い込まれると困る機能ですので、これから本当にポリシー改訂の影響があるのかどうかについて調べなければなりませんが、特にユーザ登録とログイン認証については、代替手段を探さなければなりません。デモ可視化プロジェクトに至っては、不特定多数の方にユーザ登録していただいてイベント情報をご提供いただくという運営方針であるため、ここで安全性の高い認証方法が失われるのは非常に厳しいのです。

 まず私の場合は、改訂されるポリシーの内容そのものから確認しなければなりませんが、それと併せて、上述の代替手段の決定も必要となります。サービスそのものの停止ということはあり得ませんので、なんとか来月中には方針を決めたいと思います。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, Twitter, WordPress, 私的メモに投稿されました タグ: , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes