愛媛県アンテナショップに行ってきた。

 昨日仕事帰りに、私は東京駅前の「KITTE」2階にある愛媛県アンテナショップ「シン・エヒメ」に行ってきました。

 東京駅は自分の定期券区間内ですので、気軽に行くことができました。

 行こうと思ったきっかけは、先週後半以降続いている「平成30年7月豪雨」において、特に瀬戸内海沿岸地域の被害が甚大だったことを受けて、Twitterで次のように呼びかけられたことです。

 「KITTE」の場所はすぐにわかったのですが、「シン・エヒメ」が2階のどこにあるのかがなかなかわからず、一度目の前を素通りしてしまいました。しかし、苦労の末なんとか見つけることができました(汗)。

 カバンの大きさの関係で、余り大量に買い物できませんでしたので、今回は愛媛の瓶ビール3本だけを購入し、さらに店内ではみかんジュースの飲み比べをすることにしました。

 こちらでは、甘夏、河内晩柑、温州の3種類のみかんジュースを飲み比べることができます(当然有料です)。

 たまにTwitterでは、「愛媛に行くと水道の蛇口からポンジュースが出てくる」などというウソか本当かわからないことが話題になることがありますが、今回私は、みかんジュースが出てくる蛇口をリアルに見ることができました(ぉぃ)。

 お味のほうは、いかにも甘そうな「甘夏」が一番酸っぱく、「温州」が一番甘めでした。「河内晩柑」は若干酸っぱいのですが、ほかの2種類と比べると薄味であるように感じました。

 なお、レジの前には今回の災害の復興支援の募金箱もありましたので、少額ではありますが私も入れてまいりました。お店の方の話によると、瀬戸内海沿岸の被害が特にひどかったということで、愛媛県以外にも広島県や岡山県の被害も甚大だったという話を伺いました。

 愛媛は、被害が甚大であるにもかかわらず、他の地域と比べてもマスコミで取り上げられることが少ないようです。逆にTwitterではそのような現状を訴える声を含め、愛媛の話を多く読むことができます。自分が縁もゆかりもない愛媛のアンテナショップに真っ先に足を運んだのは、まさに愛媛のアンテナショップの話が最初に目に入ったからです。

 暫くしたら、岡山や広島のアンテナショップにも行ってみたいと思います。今回足を運んだ「シン・エヒメ」にしても、買いそびれたものがありますので、そう遠くないうちに再訪すると思います。

 月並みではありますが、今回の災害で被害に遭われた皆様に、謹んで御見舞い申し上げます。そして、微力ではありますが、一日も早い復興を祈念致します。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はGeotag, Twitter, 愛媛, 時事, 東京, 飲料に投稿されました タグ: , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

2 comments on “愛媛県アンテナショップに行ってきた。

  1. こんにちは
    Twitterでテルミナさまをフォローをいたしております、淡路一号線(大元のハンドルネームは ko.i.tsu )と申します。

    香川県に2013年から在住です。テルミナさまもお聞き及びのとおり、今回の豪雨は隣県愛媛や向かいの岡山でも筆舌に尽くしがたい被害が生じました。
    香川県では直接の被害が出ませんでしたが、それで良かったと思ってはおりません。
    こうした、アンテナショップを通じての「支援」もできるのだと認識を改めた次第です。病弱な身ゆえ、現地支援等はかないませんが、できることを探して実践したいと思います。

  2.  淡路一号線様、コメントありがとうございます。

    ※ コメント承認時はまだ勤務時間中でしたので、その時点では返答できませんでした。遅くなってしまい申し訳ありません。

     香川あたりは治水が功を奏して被害が少なく済んだなどという話を伺っております。

     アンテナショップを通じた支援、実は一昨年の熊本地震の時にもおこなっていたのですが、今回はそれを失念しており、Twitterの呼びかけを見てやっと思い出す有様でした。

     なお、熊本地震の時は東京・銀座にある「銀座熊本館」に行ってきました。そこはショップの上に熊本県の事務所もあり、自分はそこで少額を寄付してきました。しかし、今回は県事務所併設でもなく、また(時間帯の関係もあるのでしょうが)人の姿もまばらだったのが対照的でした。

     自分も現地に行くのは無理ですが、地域の経済を回すことも支援に繋がるのではと思っています。自分も、無理にならない範囲で今後も支援できればと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes