MacBook Pro を買いたい熱が再燃。(その2:用件を再度纏めてみる)

 先日、「MacBook Pro を買いたい熱が再燃。」などと申し上げておりましたが、そこでも述べておりますとおり、できることなら今月中に新しいノートPCを購入したいと考えております。 1)理由は、ヨドバシカメラのゴールドポイントカードプラス会員向け「分割払手数料実質ゼロキャンペーン」を適用させたいため。

 そのときにも、今自分がノートPCを買い換えたい理由や、買い換えたあとにやりたいことなどを列挙してみましたが、改めてそれらについて整理し直したいと思います。

なぜ「MacBook Pro」なのか

  • 最大の理由は、「RPGツクールMV」で制作したゲームのMac版の動作確認をしたいということ。
  • 下記のことを手軽にできる(と言われている)Macを使いつつも、自宅PC不調時の時のためにWindowsも起動できるようにしておきたい。 2)逆に、 Windows PC にMacOSをインストールすることは事実上不可能?

Macに限らないが、買い換えたあとのノートPCで上記以外にやりたいこと

  • 画像(おもに写真)や動画の編集
  • PS4 のリモートプレイ
  • Web閲覧、メールやSNSのチェック、自サイト(ブログサイトやMastodonインスタンス)の管理作業
  • iOS端末の母艦

新端末購入時に、OS以外のスペックでこだわりたいこと

  • USB 3.1 Generation 2 必須。最低でも2端子は欲しい。
  • 画面サイズは「最低でも」15インチは必要。解像度は 2,560✕1,600 もしくは 3,840✕2,160 。 3)MacBook Pro は 2,560✕1,600 。なお、自室の4Kモニタに接続して画面を出力することも考慮している。
  • ストレージは256GB以上。できれば512GB欲しい。
  • メモリは8GB以上。できれば16GB欲しい。
  • 日本語キーボード。
  • 余計なプリインストールソフトが入っていないこと4)無駄なソフトがあまりにも多く詰め込まれていることが、自分がVAIOを除く国内メーカー製PCを嫌う最大の理由。
  • 持ち運びのしやすさ(重量)。
  • デザイン。 5)これも意外に馬鹿にできない。あまりにデザインセンスがないと使う気が失せる。

逆に、新端末購入の上であまりこだわっていないこと

  • Office文書の編集はあまりしない。多分使用頻度が一番高いのはExcelだが、それも主として閲覧。フリーのMSOffice互換ソフトを使う可能性大、
  • スピーカー経由による音声出力にもあまりこだわらない。 6)外出先での利用が主となると思われるため、Bluetoothヘッドフォン使用を前提とする。
  • タブレットPCとしても使える汎用性については、今回は考慮しない。 7)どうしてもタブレットが欲しいときは、iPadの購入を別途検討する。
  • グラフィック性能。画像や動画の編集はおこないたいが、RPGツクール製以外のゲームはまずプレイしないと思う。
  • 光学ドライブの有無。必要になったら外付けストレージを買う。DVDドライブなら(Windows用だが)既にある。

 これらを踏まえて、検討してみたいと思います。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1. 理由は、ヨドバシカメラのゴールドポイントカードプラス会員向け「分割払手数料実質ゼロキャンペーン」を適用させたいため。
2. 逆に、 Windows PC にMacOSをインストールすることは事実上不可能?
3. MacBook Pro は 2,560✕1,600 。なお、自室の4Kモニタに接続して画面を出力することも考慮している。
4. 無駄なソフトがあまりにも多く詰め込まれていることが、自分がVAIOを除く国内メーカー製PCを嫌う最大の理由。
5. これも意外に馬鹿にできない。あまりにデザインセンスがないと使う気が失せる。
6. 外出先での利用が主となると思われるため、Bluetoothヘッドフォン使用を前提とする。
7. どうしてもタブレットが欲しいときは、iPadの購入を別途検討する。
この記事はMac, PC, RPGツクール, Windowsに投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes