やはり自分に必要なものは清楚な癒やしだ。

 実は昨日・2018年5月28日(月)、私は私用のために仕事を休んでおりました。

 その日の夕方は、久々に、とある所に足を運びたいと思い、数ヶ月ぶりにそこに行きました。

Wonder Parlour Cafe

池袋のヨーロピアン・クラシカルなメイド喫茶「ワンダーパーラーカフェ」です。

 池袋駅から徒歩15分ぐらいの所にあり、あまり行きやすいとは言えませんが、平日でもそれなりに混雑していて、事実上事前予約が必須のようになっています。

 もちろん私は今回も予約しました。

 足を運んだら、平日の夕方にもかかわらず、大盛況でしたね。元々座席数はそれほど多くはないのですが、それにしてもほぼ満席状態でしたからねぇ…。

 本日は、個人的にお目に掛かりたいメイドさんもいらっしゃり、久々にお目にかかることができました。

 今回、少し早い夕食をとりました。ビーフシチューと、メイドティー「セント・アンドリュース」、そしてケーキのセットでした。そのとき、なぜか一緒にワインも飲んでしまいました(ぉぃ)。

ビーフシチュー メイドティー「セント・アンドリュース」 タルト
赤ワイン


 今回、私は衝撃的な事実を知らされました。

 先ほど「個人的にお目に掛かりたいメイド」がいると申し上げておりましたが、そのメイド、苺さんが、本年6月27日(水)で卒業されてしまうとのことです。

 推し、と言うと語弊がありますが 1)一応自分が「推し」、と言うより「意中の人」と呼ぶ人は他にいる。なお、その意中の人と苺さんはお知り合いらしい… 、清楚な眼鏡メイドということもあり個人的にも好感度抜群です。また、ワンダーパーラーカフェのメイドの中で、私の正体がテルミナ™であることを初めて見破った(ぉぃ)方でもあります。そのようなこともあって、苺さんは個人的にも非常に印象深い方でありました。

 苺さんのご卒業の当日、自分は、遅い時間帯に予約を入れました。残業が立て込んでキャンセルとかならなければよいのですが…。

 久々にワンダーパーラーカフェに足を運び、やはり自分には、このような清楚系の癒やしが足りなかったんだなということを思い知らされました。萌え萌えキュンではなく、その空間にいることそのものが癒やしになるという、上品で優雅な時間。

 メイド喫茶がたくさんあるはずの秋葉原では、なかなかこのような時間を堪能することができません。

 苺さんのご卒業の日には、そのような清楚な時間をご提供いただいたことへの感謝も込めて、笑顔で見送りたいものです。

現在地
ルートを検索

 さて、ワンダーパーラーカフェで癒やされたあと、私は怒りをぶつけるために官邸前に行ってきましたよ。

 相変わらず、森友・加計問題で紛糾している上に、本日にも衆議院本会議で、国民の大多数が実態を知らされていない「#定額働かせ放題休みゼロ」こと「#高度プロフェッショナル制度」を含む「#働き方改革」の採決が強行されるとも言われています。

 安倍政権に対しては、本当に怒る理由が次から次へと出てきます。逆に支持する理由は皆無。以前であれば何回総辞職しているかわからないくらいに不祥事のオンパレードです。

 そんな安倍政権には即刻退陣して欲しい。これは多くの国民の願いでもあります。

 ワンダーパーラーカフェで英気を養ったあとは、私も怒りの声をぶつけてきました。

#0528官邸前 往生際が悪い

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1. 一応自分が「推し」、と言うより「意中の人」と呼ぶ人は他にいる。なお、その意中の人と苺さんはお知り合いらしい…
この記事はGeotag, メイド喫茶, 政治, 東京, 池袋, 雑談, 食事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes