【ゲーム】「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」登場へ

最近、政治(というより政府への抗議行動)の話と自サイトの話しかしていませんでしたので、たまには違うことでも。

本日付で、任天堂が凄いものを発表してきました。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」だそうです。

ファミコン全盛期は、今も続く漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」の全盛期とも重なり、漫画をモチーフとしたゲームも数多く出ていました。

今回はそんな作品ばかりを集めて、「クラシックミニ ファミリーコンピュータ」となるわけです。

完全にオッサンホイホイですね。私ももちろん興味あります。

ただ、実際にそのようなラインナップだから致し方ないとはいえ、収録ソフトの過半数がバンダイもしくはそのグループ企業のものというのが妙に引っかかります。個人的に、どうもバンダイのゲームは昔から好きになれませんでした。

そんなバンダイのソフトで数少ない、私が面白いと思ったソフトに「ファミコンジャンプ」の第1作目があり、それが収録されているだけでも、今回のミニファミコンには大きな意義があります。ちなみにファミコンジャンプの2作目については、私は未プレイな上に、ソフトの評判もイマイチだったようです…。

あと、なぜか、ドラゴンクエストの第1作目まで入っています。ドラクエの主要スタッフ(特に堀井雄二氏と鳥山明氏)はジャンプとの関わりも深く、ゲーム内にもさりげなくジャンプネタが入っていたりもしましたので、わかるひとにはわかるといったところでしょうか。

それら以外にも、私はプレイしたことありませんが、テクモの誇る名作サッカーゲーム「キャプテン翼」の1作目と2作目が入っているのも、ファンにとってはアツいでしょうね。特に2作目はBGMのクォリティもファミコン屈指ですしね。

あ、今回は任天堂のソフトが一本も入っていませんね。まあ、実際に任天堂はその手のソフトを出していませんでしたし、個人的にも昔から任天堂のソフトとはバンダイのソフト以上に相性が悪かったので、自分としてはかえって安心です。

価格もお手頃ですし、個人的にも今回のミニファミコンには期待しています。ただ、いまだに私は「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」ですら未購入ですので、コレについても本当に買えるのか、また、買ったところで遊べるのかについては、分かりません。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMoblog, ゲームに投稿されました タグ: , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes