【政治】「5.3憲法集会2018」に行ってきた。

 予定通り、昨日・2018年5月3日(木・祝)、私は東京臨海広域防災公園で開催された「5・3憲法集会2018」に足を運びました。

 昨晩の時点で、私は次のように述べておりました。

 サブステージは午前11時から開催されるようですが、おそらく自分は間に合いそうにありません。13時からのメインステージには間に合うようにしたいと思います。

 ところが、そのように書く直前の時点で、疲労がたまって寝落ちしてしまい、その後なかなか寝付けず、当日は未明の変な時間に目が覚めてしまいました。

 こうなると、逆に午前11時からのサブステージに参加したくもなるものです。そこで私は、エナジードリンクで自分の肉体をだましながら、新木場乗り換えりんかい線経由で、会場となる有明防災公園の最寄り駅である「国際展示場」駅を目指しました。 1)東京ビックサイトで開催されるイベント以外を目的としてこの駅を利用するのは実は初めて

 私が現地入りしたのは、午前中のサブステージが始まるよりもさらに1時間ほど早い午前10時頃です。その時点では、メインステージのリハーサルらしきものがおこなわれていて、当然ながら一般の聴衆の姿はまだまばらでした。

「5.3憲法集会2018」のリハーサル・シーン

「5.3憲法集会2018」のリハーサル・シーン

 防災公園内に、ちょうど、ほぼ正面にステージが見えるベンチがありましたので、私はその場所を確保しました。そこで自分は再度気が変わり、サブステージ参加ではなく、メインステージをツイキャスで中継することにしたのでした。

 11時からのサブステージは、久々に使うツイキャスの練習の為に、ちゃんとした形では配信しませんでしたが、13時からのメインステージでは、途中何度も配信が切れたものの、登壇者のスピーチはほぼ全編網羅できたと思います。

関連記事
テルミナ™(立憲パートナー) (@Telmina) さんのライブツイキャス

 メインステージの時間中、私はほぼ配信に集中しており、Twitterやマストドンでのリアルタイム文字起こしレポートなどはおこないませんでした。

 メインステージでは、様々な立場の方が、日本国憲法や人権の話、また、憲法と現状の日本社会の間の矛盾による人権侵害などについて語られていました。

 政党も、今回は立憲民主党、民進党(→国民民主党)、日本共産党、社会民主党の4野党の代表の方がお越しになり、また、自由党の小沢代表からはメッセージが送られてきました。

 コメディアンのおしどりマコさん・ケンさんによるスピーチは、コメディアンらしく笑いもありましたが、それでいて、海外から見た日本社会の現実をも鋭く突きつけてくるものでした。

 トークは作家や学者による第1弾が政党挨拶前にありましたが、おしどりマコさん・ケンさんのスピーチのあとの第2弾では、市民活動の第一線で活動されている方や、実際に人権問題で大変な思いをされている方々による、説得力のあるトークを聴くことができました。そこでは、沖縄問題、フクシマ問題、高校生平和大使、教育と教科書問題、朝鮮高校無償化、武器輸出入問題、貧困・格差問題、働き方改革といった観点で、各登壇者からお話があり、聞き応えがありました。

 今年の憲法集会、昨年(5万5千人)を上回る、6万人の参加者があったとのことです。また、この日は、有明の憲法集会以外にも、全国で少なくとも250カ所で、憲法記念日にちなんだ催し物が開催されていたとのこと。

 安倍政権はまだ憲法改悪を諦めていません。それ故に、人々の憲法に対する関心は年々高まっているのではないでしょうか?

 戦後70年以上にわたって日本国、日本国民を守ってきた日本国憲法を維持し、そして今後も活用してゆくのは、我々日本国民です。一部の為政者に都合のよいように、憲法を書き換えさせてはならないのです。

 今回の憲法集会、昨年よりも若者の姿を見かけるようにはなったと思いますが、それでもまだまだ全然足りません。今後も日本国で暮らして行く若者たちにこそ、憲法の問題、そして人権や政治の問題に、もっと関心を持って欲しいと思います。

公式サイト
5・3憲法集会2018
関連記事
「5.3憲法集会」に行ってきた・2017Telmina::go Back Number

6万人が参加した「5.3憲法集会2018」(その1) 6万人が参加した「5.3憲法集会2018」(その2) 6万人が参加した「5.3憲法集会2018」(その3)

現在地
ルートを検索

余談:今回の集会で残念だったこと

 大成功のうちに終わった今回の「5・3憲法集会2018」ですが、手放しで成功を喜べる状況でもありませんでした。

 まず、一部参加者のマナーの悪さについて。

 自分はステージから見て通路のすぐ後方に座っていたのですが、時々、通路に長時間立ち止まり、司会やほかの参加者から立ち止まらないようにと注意される人が散見されました。

 自分はツイキャスの真っ最中だった為にあえて声を出しませんでしたけど、出したい衝動に駆られることは何度もありました。

 通路で立ち止まられると、後ろの聴衆の邪魔になるし、単純にほかの方のご通行の邪魔にもなります。中には何度も注意される人もいましたが、注意される側も気分いいものではないでしょう。結局、そのような行為をしても、本人含めて誰も幸せになれません。くれぐれも、身勝手な行為は慎んで欲しいと思いますね。

 そしてもう一点。今回、多くの登壇者の発表に胸を打たれましたが、それだけに、あえて誰とは言いませんが特定の登壇者約1名のトークにはがっかりさせられました。一言で言うと薄っぺらでした。学者による研究に裏打ちされた意見もなければ、与党と直接退治ている野党議員や、人権問題を肌で感じている市民活動の第一線で活動する人、実際に人権侵害に苦しみ、改善を切実に願う人のような説得力もありませんでした。それどころか、聴衆を小馬鹿にしているようにすら聞こえました。

 ゲスト登壇者が皆様素晴らしかっただけに、この一点は大いにがっかりでした。登壇者の人選については考え直して欲しいと思います。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1. 東京ビックサイトで開催されるイベント以外を目的としてこの駅を利用するのは実は初めて
この記事はGeotag, Twitter, 動画, 政治, 時事, 東京に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes