【Mastodon】「LIBERA S2」正式始動から1日が経過して

LIBERA S2

 昨日、無事というわけにはゆきませんでしたが、なんとか、Mastodonの新リベラルインスタンス「LIBERA S2」正式始動にこぎ着けました。

リベラル派の言論の自由のために

 このインスタンスの始動に関して、賛同してくださる方や、イデオロギーは異なるものの理解を示してくださる方がいらっしゃる反面、残念ながらあからさまに否定的な意見も目にしてしまいました。

 政治的な問題は確かに喧嘩の元になりやすく、管理が容易でないことぐらいは、私自身肌で感じています。初代「LIBERA」では、ネット工作員による運営妨害や登録ユーザ様への個人攻撃などを何度も受けて参りました。

 しかし、自分は既存のSNS、具体的にはTwitter上で、リベラル派など、政治問題や社会問題への関心の高いユーザが次々に不当な扱いを受けていることも目にしており、既存のSNSの外に、リベラル派の言論の自由を守るための空間が必要だと感じておりました。

 初代「LIBERA」では、Mastodonのホスティング・サービスである「ムトー★無料マストドン」のサービスを用いておりましたが、インスタンスを完全には自分のコントロール下に置けないことによる、運営の限界を感じておりました。

 そこで、閑古鳥が鳴いていた別インスタンスを早々に廃止し、その領域を新リベラルインスタンスに転用することを決定しました。こうして誕生したのが、「LIBERA S2」です。


政治の話題をタブーにしてはならない

 このインスタンスに対して否定的な意見が出てくることは、悲しいのですが織り込み済みです。私の観測範囲では、MastodonはTwitterよりも「自由主義(リベラリズム)」に否定的な人が多いと感じております。元々、昨今のTwitterの全体主義的な運営を嫌ってMastodonに移住してきたユーザも少なからずいるはずなのですが、結局は全体主義から抜け出せない人が少なくないようです。

 これに関連して、ネットにおける政治関係の話題をタブー視する風潮について、自分なりにない頭で考察してみました。

 自分があえて「リベラル専用」のインスタンスを立ち上げたのは、先述の通りリベラル派の言論の自由を守るための空間が必要だと感じたためです。そして、「LIBERA S2」では、初代「LIBERA」の時に運営妨害工作を受けたことを教訓とし、不本意ながら通常のユーザ登録を禁止し、「完全招待制」を採用せざるを得ませんでした。

 もしリベラリズムが嫌いな人がいれば、その人は「リベラルインスタンス」とは関わらないようにすればいいだけだと思います。そのためにわざわざ棲み分けまでしようとしているのに、それにまでケチをつけられたら何もできなくなってしまいます。

 なお、今回、管理者(私)のほうからは、初代「LIBERA」のユーザの半数に当たる24名の方と、個人的にTwitterでやりとりしているリベラル派の一部の方に、まずお声がけをしております。思っていたよりも「お引っ越し」のペースは緩やかではありますが、移行期間はまだ一月以上も残っておりますので、気長に待とうと思います。

 できれば、ご登録いただいたユーザの皆様が、さらにリベラル派の論客を招き入れるという輪ができれば、このインスタンスの可能性はもっと広がると思います。

botアカウント「LIBERA News」について

LIBERA News

 「LIBERA S2」には、「LIBERA News」というbotアカウントも存在します。

 これは、インターネット上に公開されているRSSフィードの中から、おもに政治系や社会系のニュースを取得・表示するものです。

 2018年3月12日・午前2時現在、「LIBERA News」では次の12カ所のRSSフィードを取得しております。

  • 毎日新聞 – ニュース速報(総合)
  • 毎日新聞 – 社説・解説・コラム
  • 朝日新聞デジタル
  • 社会 – 朝日新聞デジタル
  • 政治 – 朝日新聞デジタル
  • 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
  • しんぶん赤旗
  • リテラ
  • 市民連合
  • 安保関連法に反対するママの会
  • 立憲デモクラシーの会
  • オールジャパン:平和と共生

 上記以外にも、RSSフィードを公開している、自由主義、民主主義、立憲主義に根ざした活動をしている組織、団体、個人等のWebサイトをご存じの方がいらっしゃいましたら、是非ともご紹介いただきたいと思います。

 なお、このbotアカウントは、「IFTTT」という外部サービスを用いて作成致しました。

 その際、次の記事を参考とさせていただきました。

参考記事
ノンプログラマーがMastodon BotをIFTTTとかRSSあたりで作ったドンQiita

 初代「LIBERA」の時は、自力で情報を取得してインスタンスに流し込む余裕がありませんでしたので、この手の情報自動収集系botアカウントの作成は悲願でした。これが、インスタンス活性化の起爆剤となることを、願ってやみません。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はIT, Mastodon, Web, お知らせ, 政治, 私的メモに投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes