私もゲームのテストプレイのためにMacの実機を入手すべきか?

The Devil War MV

 なかなかテストプレイヤーの応募がなかった、制作中の拙作ゲーム第3弾リメイク版「The Devil War MV」につきまして、ご興味を示していただいた方がいらっしゃいますので、テストプレイをお願いすることにしました。

 ところが、いきなり致命的なエラーが頻発してしまい、焦っております。

 その中に、Windowsのパソコンしか所持していない自分はまず気づかない問題も含まれており、自分もMacを買うべきなのかと考え始めております。

 ご報告いただいた不具合に、オプションを開いたりセーブ画面を開いたりすると発生するエラーなるものがあります。

参考記事
MacOS Sierra (10.12) でRPGツクールMV作品を開くQiita

 ゲーム開始後に「Unknown Error」が発生するものですが、この記事の下の方にある「オプションを開いたりセーブ画面などでエラー(Unknown Error – Error EROFS〜)が発生する場合の対策」という項目で、解決方法について示されています。

 よくこの解決法に気づいたもんだと思います。自分など想像だにできませんでした(汗)。

 なんだか、今後もよくわからないエラーに遭遇することが容易に予想できますので、他人様にテストプレイをお願いする前にある程度不具合を潰すためにも、自分もいい加減にMacの実機を購入したほうがいいのかも知れません。とはいえ、おもに価格面で躊躇してしまいますが…。

 とりあえず、「RPGツクールMV」製のゲームが動けばいいので、別に中古品とかでもいいと思います。今月の土日はすべて予定が入っていますので、2月に入ってから秋葉原電気街あたりで探してみることにします…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はMac, RPGツクール, 私的メモ, 秋葉原に投稿されました タグ: , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes