【悲報】【政治】この衆院選も不正選挙確実。有権者は対抗策を!

 先日、マスコミからインチキ世論調査が出たことで、薄々感づいてはいましたが、やはり今回の衆議院議員選挙でも、不正選挙がおこなわれることがほぼ確実な情勢です。

 Twitterで、このような発言を目にしました。

 「110円de選挙監視要請」運動の提唱者である、作家の金沢京子氏が、ご自身のブログにて、まさに表題の件について触れられています。

関連記事
安倍が国連の選挙監視団を断ったそうです。金沢京子のブログです

 記事の中で、不正選挙の手口についても簡単に触れられています。

 また、同じ記事の中で、こんなことについても述べられています。

ムサシ否定係な、ネトウヨ工作員もぞろぞろ出てきたね。臨時増員するとは(笑)

 そもそも、これまで散々憲法違反を繰り返してきた安倍政権が、選挙だけは公正におこなうなどと考える方が無理です。もし安倍政権に不正選挙をおこなう気がないのであれば、潔く国連の選挙監視団を受け入れるべき。それを断るということは、不正選挙の実施を認めてしまっているようなものです。

 国連も国連で、強制的に入国して日本政府に監視団受け入れを命じることは出来ないものなのでしょうか?

 なお、先述の「ムサシ否定係」ですが、自称リベラル派の中にも紛れ込んでいたりします。

 不正選挙を理由に投票に行かない(つまり選挙権を棄権する)人がいることを憂えて、「不正選挙の心配をするくらいならばとにかく投票しろ。投票率を落とすな」という趣旨で不正選挙を否定するのであれば、まだわかります。しかし、以前自分がまさにそのように考えて、「棄権はするな。不正選挙を阻止したければ油性ペン持参で投票しろ」と言ったことに対しわざわざ難癖をつけてくる輩が、過去の選挙の時期に実際にいました。そして、同じような考えを持つ人々に対し、否定派はこう言い捨てました。「ムサシ陰謀論者」と。

 自分だって、陰謀論は正直好きではありません。しかし、私がここで述べなかったことを含め、不正選挙の話があちこちから出ており、それを否定することの方が難しい情勢の中で、陰謀論と一蹴されても、何の説得力もありません。


立憲民主党「東京大作戦1014」

2017年10月14日(土)、立憲民主党により、都内3カ所で「東京大作戦1014」という大街宣がおこなわれた。
しかし、そこに集まった市民の思いを踏みにじろうとする「不正選挙」の動きもまた進んでいる…。

 さて、先述の金沢京子氏は、シンプルな対抗策を述べています。

まもなく国会も開かない独裁国家の元首様ですなぁ・・・。また、不正選挙で。それでも投票にはいきますよ!逃げてはいけない。

油性ペンで書きましょう!

そして、国連に選挙監視監視要請、まだやりましょうね!世界に知っていただきましょう。日本国民のSOS状態を。

 特に重要なのは2行目です。「油性ペンで書きましょう」。

 油性ペンであれば容易には票を改ざんできないようです。なお、水性ボールペンなどでは容易に改ざんできてしまうようです。

 今回の選挙では、偽対抗馬の「希望の党」の出現や、民進党のゴタゴタとそこから生まれた「立憲民主党」など、話題性に富んでいます。それ故に、国民の関心は決して低くはないはずです。実際に、14日(土)に都内3カ所で開かれた立憲民主党の街宣では、多数の聴衆を集め、大成功のうちに終わりました。

 その市民の思いを現実のものにするためには、市民自身が不正選挙問題にもっと関心を持ち、それに対抗することが必要なのです。

 繰り返します。投票用紙には、「油性ペンで書きましょう」。

関連記事
安倍が国連の選挙監視団を断ったそうです。金沢京子のブログです
なぜ今回の参院選で油性ペンの使用を勧める人がいるのかTelmina::go Back Number

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はTwitter, Web, 政治, 時事, 私的メモに投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

I footnotes